Play of winter
 


冬の間カートが出来ない代わりに何かスリリングな遊びはないかと
カート仲間のちびたとあべっちが見つけ出してきたのが『リュージュ』(笑)
リュージュって冬季オリンピックとかでたまたま見るしかないけれど
なにやらそれを体験できる場所があり、かなりおもしろいというではないか。
ビビリ屋の私は初め断っていたが、最近運動不足なので引き篭りを脱出するためにもw
ここはいっちょやったるか!と人を集って早速行ってみましたぞい。
その時の模様を写真と一緒にお伝えいたします。

リュージュとは?
「リュージュ」とは、フランス語で”木ぞり”の意味です。
雪国の人達にとって、そりは重い荷物を運ぶための重要な道具でした。
それが、遊びとなり、やがて競技として発展してきたのです。
仰向けに、そりにぴったりついた水平姿勢をとって滑ります。1人乗りと2人乗りがあります。
くわしい乗り方なぞはここを参考にhttp://ycaweb.com/mblf/lugu.htm
絵を拡大します。ってやつクリックすると、なんかその絵笑える。


2003年2月15日(日)晴れ

場所は札幌市南区藤野にある
「Fu's snow area」っていうスキー場。
http://www1.ocn.ne.jp/~fus/index.htm
こんな近場にスキー場があるとは知らなかった・・・。
1人で滑りに来るかな。
まあ、このスキー場のコースはこんな感じです。→
一番左にある青いコースが問題のリュージュコース。
リュージュが出来る場所は長野とここだけ。
すごい貴重な場所なんだね。

リュージュ体験教室は1人1000円です。結構安い。



AM9時30分

さて、今日のリュージュ参加者は
男子3人、女子4人の計7人。
みんなカート仲間です(1人を除く)。
他にも沢山の参加者(主に子供)がいましたねえ。
参加するにはゼッケンを着けなければいけません。
ゼッケンなんか中学以来なのでちょっとハズイ。




リュージュの説明を聞いてる場面・・・って
どう見ても聞いてる感じじゃねえなw






あ・・・・。私も説明聞いてねえな(笑)

おい、そこの黄色いの。
カメラに写らない様に隠れているつもりなようだけど
全然隠れさってないぞw




リュージュの乗り方などの主な説明を聞いた後は
ヘルメットと肘パッドを標準装着して準備万端!


ヘルメットがとても似合って
リュージュ選手みたいと褒められました。
喜んでいいのかなんだか複雑な気分です(笑)





そんな中、約1名
ヘルメットがやけに似合わなくて笑われて
落ち込んでる人が後方にいます(笑)






これがリュージュのソリです。
約9キロあるけど見た目よか軽いです。
選手用、大会用はもっと重いらしくて
20キロくらいあるみたい。



先行者が滑って来ました。
かなり思ったより遅いスピードですぞ。

この時点では、
「なーんだこのくらいのスピードなら全然恐くねえや〜〜」
と、お高くくくっていました。

リュージュが向っている先の
リンクの壁に丸い穴が開いていて
そこからタイムを計測しているそう。


                                                          

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO